パチンコ店ってどんな独特のマナーがあるのでしょう

パチンコのマナー

2021年10月1日更新

 

パチンコ店では一般的に常識のマナーやパチンコ店ならではの特殊な禁止事項やマナーが存在します。

 

今の時代でもルールを守らない不良客は多少いますが、だいたい出入禁止になって後悔するパターンです。

 

知っていると知らないとでは楽しく遊べるかどうかが大分変ってきます。

 

しっかりと禁止事項やマナーを理解して安心・安全のパチンコライフを楽しみましょう!


脱パチンコ業界情報
パチンコ業界から脱出して転職したいという方はコチラを参考にしてみてください

全国パチンコ店共通の禁止行為

全国のパチンコ禁止行為

多店舗メダル持ちこみ

違う店舗のメダルを持ちこんで遊技をする行為は禁止されてます。これは犯罪行為なので場合によっては告訴される事になるでしょう。

店舗メダルの持ち出し

店舗のメダルを店外に持ち出すのも禁止とされています。
パチンコ店のメダルはあくまで店舗が貸している貸メダルとして利用されています。
なので、貸している物を店外へ持ち出してしまう行為も犯罪となります。

玉・メダルを拾って遊技

玉やメダルは換金すればお金になります。
落ちている玉やメダルを拾って遊技をする事や景品交換する事は、拾った100万円を警察い届けずも使ってしまう事と同等の犯罪行為になります。

他金種の移動

1円パチンコで貸玉した玉を4円パチンコに持って行く行為も犯罪い当たります。
勿論スロットも同様で貸玉金額が違うもの移動行為は全て禁止になっています。
最近では乗り換えサービスという他金種への移動が可能にあったシステムを取り入れた店舗も多くなってきています。
これは差額分をしっかりと引いた状態で貸玉を行うので問題無い行為となります。

掛け持ち遊技

2台以上の遊技台を独占して遊技を行う事を掛け持ち遊技と言いパチンコ店では禁止行為となっています。

台叩き

遊技台を強く叩く行為はどんな理由があろうと禁止とされています。
この禁止行為でいったい何人の遊技者が出入禁止になってのでしょう・・・。
周りにもとても迷惑なのでやめましょう!

レバーの強打

スロットを遊技していると思わず熱い場面で思いっきりレバーを叩く客がいますが、レバーの強打は周りの客にとても迷惑になるので禁止行為となっています。強く叩きすぎてレバーが折れると言う案件も多々あります。
その場合はもちろん弁償という形で店舗側に支払う事になります。
弁償を断ったら告訴され逮捕される可能性があるのでお気を付けください。

刺青・タトゥー

公共のプールと同じように、基本的に刺青やタトゥーが周りから見える状態で遊技をする事は禁止とされています。
逆に見えなければ問題ありません。

飲酒禁止

店内での飲酒は禁止している他、泥酔状態での入店も禁止となっています。

車内放置禁止

車内に子供を放置した状態で遊技を行う行為は禁止しています。
毎年、夏の時期になると車内に子供を放置して死亡させてしまっている事件が起こっています。

店内撮影禁止

ここはスルーしているホールが多いと思いますが、許可されていない客による動画撮影や遊技台の写真撮影は禁止行為となっています。

空台遊技観戦

遊技しないのに空台に座り、隣りの遊技を観戦する行為は禁止行為となっています。
そこの空台を遊技したい客がいるかもしれないので、遊技しないのなら空台に座ってはいけません。

店内禁煙

2020年4月1日から店内全てが喫煙ブース内以外禁煙になりました。
電子タバコは吸うことが可能なはずですが、ホールによっては電子タバコも禁止にしているホールがあります。

換金所を教えてもらう

これは禁止行為と言うよりは暗黙のルールと言うべき事だと思いますが、店員に換金所の場所を聞く行為はやめましょう。
聞いても教えてくれません。
換金上は必ず店舗外のすぐ近くにあるので、自力で探しましょう。
詳しくは三店方式をご覧ください。

ゴト行為

通常とは違う遊技を行い不正に玉やメダルを搾取する行為は禁止となっています。

空台に荷物を置く

空台遊技観戦と同様に遊技しない台に荷物を置く行為は禁止となっています。

長時間の離席

遊技台に何か物を置いて長時間離席する行為は禁止となっています。
店員に発見されたら物は撤去されて別の客が遊技を始める事になります。


パチンコ店によって異なる禁止行為

ホールによって違うパチンコ禁止行為

途中交換

まだ遊技をやめない台の出玉の交換を行う行為を途中交換と言います。
ホール側はせっかく出玉があるのだから出玉アピールを行いたい想いが強い店舗では禁止となっています。

止め打ちや変則打ち

普通じゃない打ち方を表し、パチンコだと左打ちをしなければならない場面で右打ちをしたり、特定の技術打ちで出玉を増やす行為を言います。
スロットの場合右打ちなどを言い、ホールによっては禁止行為としています。

カニ歩き

主に朝一スロットの設定変更やチャンスゾーンの確認を行う為に、1ゲームずつ数台回して遊技する方法をカニ歩きと言い、禁止行為となっているホールが多いです。

台移動

出玉を持っての遊技する台の移動の事を言います。今はパーソナル化が進んでいるので、台移動を禁止行為としている店舗は減ってきています。

出玉共有

出玉を他の遊技者と共有する行為を言います。


パチンコ店でのマナー

パチンコ店のマナー

遊技台確保

パチンコ店では遊技台を確保する時は上皿及び下皿にタバコやライター・携帯・鍵など明らかに私物だと分かるような物を置いて遊技台を確保します。
出玉があればそれだけでも遊技台確保の役目を果たせますが、少量の玉やメダルだとその役目は果たせず他の遊技者に取られてしまう可能性があるので注意しましょう。
ゴミとみなされるような物も遊技台確保とは認められません。

食事休憩

食事休憩はほとんどのホールで可能はサービスで、店員に言えば30分〜1時間遊技台を離席する事が可能になります。
店員に言わずに食事に行ってしますと物が全て撤去され、空台として管理される恐れがあるので注意しましょう。
また食事休憩終了の時間を大きく過ぎる行為も同様です。

遊技台はキレイに

遊技台に食べ物や飲み物をこぼして放置する客がたまにいますが、次に遊技する客にとって不快な気持ちにさせるので遊技台はキレイに使いましょう。
ちなみに遊技台に物をこぼし、故障させた場合は弁償という形で、場合によっては数十万という請求になる事があるので注意しましょう。

床にツバを吐かない

パチンコホールの床はツバを吐くべき場所じゃないですよね〜

入場方法

パチンコ店の朝一の入場方法は大きく分けて2パターンになります。

  1. 並び順による入場
  2. 並んだ順に入場する形になるので、気合が入った人は閉店と同時に、次の日の為に並びだす客もいます。

  3. 抽選による入場
  4. 入場の順番を決める抽選を行い、当たった順番で入場する形になります。
    長時間並ぶ必要が無いので平等になりますが、狙った遊技台を遊技する事が出来ない事も多々あります。

玉やメダルを投げる

子供じゃないんだから・・・・でもたまにいるんですよ・・・

並びの割込み

割り込み行為は未だに後を絶ちません。日本人はルールやマナーを守ってくれるのですが・・・

大きな声を出さない

遊技中に大きな声を出すと隣りの客に迷惑になるのでやめましょう!

臭い

異臭を発しながら遊技する客が多いですが、これも周りの客への迷惑行為になるので、気を遣うようにしてください。
最近では消臭剤などを貸してくれるサービスもあるので利用してください。

トイレはキレイに使う

トイレに異物を詰まらせる、汚物を散乱させる、トイレットペーパー盗難などなどトイレのいたずらってかなり多いです。
次に使う人の事考えて行動しましょう!

走らない

目当ての遊技台を確保する為に走る客いますが、転んで怪我して遊技台も確保できない客何人か見た事あります。

従業員にやつあたり

負けた腹いせに従業員に文句を言ったり、暴言や暴力をふるう輩もいます。
すぐに警察を呼ばれる事になるだけなのでやめましょう!

迷惑電話

ワン切りや長時間のクレーム電話は営業妨害になりかねないのでやめましょう!

遊技観戦

遊技者の後ろに立ち、遊技観戦を行う行為は迷惑行為なので、やめましょう!

こぼした飲食物を放置

こぼしてしまった飲料物は自分で拭くか、店員さんを呼んで綺麗にしてもらってください。

台確保放置

店員に見えない下皿などにゴミとなりうるような物を置いて放置するいたずらが多いのでやめましょう!

盗難行為

ほぼ毎日のようにICカードなどの盗難行為が起きますが、パチンコ店はデータと録画が優秀で、盗難者の顔がハッキリと写っているのでほぼ捕まります。

閉店時に遊技をやめない

閉店したのに遊技をやめようとしない客がたまにいますが、これ、犯罪ですから気を付けましょう。


▲TOPへ戻る